6月14日は世界献血者デーです

6月14日は「世界献血者デー」

血液という「いのちを救う贈り物」をしてくれる献血者の皆さんに感謝するとともに、血液製剤を必要としている患者さんにとって、

献血が欠かせないことを知っていただくための記念日です。

ABO式血液型を発見しノーベル賞を受賞したカール・ラントスタイナーの誕生日が6月14日であることにちなみ、制定されました。

今年の「世界献血者デー」のテーマは、

Give blood. Give now. Give often.

(今そしてこれから先も、愛の献血を)”です。

これは献血をすることによって誰もが、緊急時に人を救う存在になれることを表現しています。

献血をしてくれた人と輸血を受けた患者さんは血液でつながっています。

これからも大切な命を救う献血にご協力をお願いします!

 


 

献血する人と輸血を受けた人の声が交わるWEBサイト

M+station(ミークロスステーション)

「あなたにとって献血とは?」 メッセージ募集中!

↓ ↓ ↓ 

~あなたのその献血は誰かとつながっている~