クリスマス献血キャンペーン2016を開催しました!

2016年12月23日(金)新潟市中央区万代で「クリスマス献血キャンペーン2016」を開催しました!

 

新潟県献血推進協議会「ときっち」は、献血協力者が減少しがちな冬期に幅広く献血をPRすることを目的に、毎年12月23日に高校生ボランティアやロータリークラブのみなさんと協力して、クリスマス献血キャンペーンを開催しています。

今回は、県内の大学生・専門学校生ボランティア 計27名が万代シテイで活動しました。

 


 

早朝から会場に集合した「ときっち」メンバー。

今年の目標は…

「献血ルームばんだいゆとりろ」と万代シテイに停めた献血バスで、献血協力者を計250人以上集めること。

輸血を受けた方の体験談をまとめたDVDを視聴し、活動前に士気を高めました。

がんばるぞ♪

 

献血PR時のモットーは「明るく、楽しく、元気よく!」

大きな声で、歩行者のみなさんに献血を呼びかけます。

「献血にご協力をお願いします!」チラシやポケットティッシュを配布。

「大きくなったら献血してね♪」子連れのママにもしっかりアピール!

 

しかし…時折、吹雪にも見舞われたキャンペーン会場。 

今年も寒かった!!

風の強さに負けじと声を張り上げますが…

やっぱり寒い!(強風でカメラマンの手元もブレる!)

 

それでも笑顔は欠かしません!

輸血を待っている患者さんたちのために、まだまだ頑張るぞー!

キャンペーン会場を回って途中経過をメンバーにお知らせ。「いま110人だよー!」

 

キャンペーン会場では、献血してくださったみなさんにアンケートにもご協力いただきました。

こちらは献血バス横に設置されたテント内の様子。

 

「献血ルームばんだいゆとりろ」のアンケート回収班。2人はイベント初参加。

 

献血ルームばんだいゆとりろには、「ときっち」製作のクリスマス装飾も。

製作風景の写真も添えて飾りつけました!

※製作風景などはコチラ

 

アンケートで「手作りの装飾がとても良い印象で、華やかな雰囲気を与えてくれて、いつもより楽しい気分で協力できましたとお褒めの言葉をいただくなど、献血者のみなさんにも好評♪

 

そんな「ときっち」メンバーの頑張りの結果…

献血協力者数は計254人(目標達成!)

初参加の学生もいた中、活動を通してすっかり打ち解けたメンバーたち。良い表情です!

 


 

キャンペーン当日は、ボランティアたちの呼びかけに応えた多くの方から献血にご協力いただきました。

混雑時には、長~い時間お待たせしてしまった方も…

それでも嫌な顔ひとつせずにお待ちいただき、さらに「寒い中、ご苦労さま!」「頑張ってるね」とボランティアに声をかけてくださった方もいて、ボランティアにとっても大きな励みになりました。

本当にありがとうございました!

 

冬季は、風邪などで体調を崩す方が多く、献血にご協力いただける方が減少しがちです。

さらに現在新潟県では、天候悪化の影響で献血協力者数が大幅に落ち込んでいます。

輸血を待っている患者さんのために、ぜひ、お近くの献血会場へお越しください!