ジカウイルス感染症への対応について

現在、中南米諸国などでジカウイルス感染症が流行し、海外では輸血によるジカウイルス感染事例が報告されています。

日本赤十字社では、海外からの帰国(入国)後4週間を経過していない方には献血をご遠慮いただいておりますが、輸血によるジカウイルスの感染を防止するために、更なる安全策として、2016年7月1日(金)より

ジカウイルス感染症(ジカ熱)と診断され、治癒後1ヶ月を経過していない方

の献血をご遠慮いただくこととなりましたので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

ジカウイルス感染症について → くわしくはコチラ